恋愛通り道 美容とダイエット

恋愛を極めるなら、美容とダイエットは不可欠

降り注ぐ紫外線の種類しっている?

降り注ぐ紫外線の種類があるの。

紫外線にも関心を持ってほしいので、A波とB波の違いを紹介します。

 最近なんだか日差しが強くなって来たなぁ~と感じる季節。

当然紫外線の量も多くなっています。

外にお出かけの際は必ず!日焼け止めを塗った方がおすすめです。


 

帰宅してお風呂に入ったり洗顔したりした後は、

必ず!美白効果のある化粧品を使った方がイイでしょう。

そんな感じで人のお肌を黒くしよう~と言うか、

黒くするメラニン色素の分泌を促してくれる紫外線。

実は地表に降り注ぐ紫外線には2種類あると言う事。

ちゃんと知っている人はいますか?

日焼け止めを見てもらえると分かるのですが、

SPFとPAと言う記号があります。

SPFの方には30とか50とか50+と言う記号と番号、

PAの方には+がズラーっと並んでいたりいなかったりしていると思うのです。

このSPFとPAが紫外線のA波とB波を表しているのです。


 

問題はA波の方だったりします。

地球の上空~大気圏の近くに漂うオゾン層で吸収されて効力が弱まる~

言ってもかなり強いのがB波なんです。

A波はオゾン層に吸収されないのでそのまま突き抜けて地表に降りてきます。

因みに日焼け止めだとPAの記号がA波の事を指しているのですが、

A波がお肌に当たると日焼けよりもコラーゲンやエラスチンを破壊。

シワやたるみなどの老化を促進してしまうので要注意です。

よく肌が黒くなってしまうのがB波、

B波の方が強いのでオゾン層で吸収されたとしてもその効力は衰えないのです。

と言う感じで、本気で焼きたくない!&老化したくない!!人は、

SPFは50+PAは++++のモノを毎日つけてみてください。

今一番効力が高い数値だと思います。